「電動フォークリフト問題」の解決とは、省エネ法対策と同じで、法律を遵守することをいいます。

電動機で動く車両の取扱について、充電設備が動力なのか、

あるいは車両が動力なのかという問題です。

充電設備を電源設備と証明できれば、本問題は簡単に解決します。



平成11年 東京電力からの回答書面と検証文


平成11年3月4日付東京電力本店からの回答書



後に、電動フォークリフト問題は、「電事連において統一の取扱となった。」と電力会社担当者から教えられる。以下は、電力会社の回答を検証したものです。



平成11年5月6日付東京電力の回答を検証した文書を送付