2 事業者クラス分け評価制度

2015年12月15日 事業者クラス分け評価制度

 省エネ法の定期報告を提出する全ての事業者をS・A・B・Cの4段階へクラス分けし、クラスに応じたメリハリのある対応(優良事業者を業種別に公表して称揚する一方、停滞事業者以下はより厳格に調査)

事業者クラス分け評価制度では、評価の結果として、以下①②のいずれかを満たす事業者を省エネ優良事業者(Sクラス)としています。
① 定期報告書特定-第4表の記載に基づき、エネルギーの使用に係る原単位(エネルギー消費原単位)又は電気需要平準化原単位の5年度間平均原単位変化が1%以上の低減であること
② 定期報告書特定-第6表の記載に基づき、ベンチマーク指標が目指すべき水準を達成していること

特定事業者等リスト

 

工場・事業場における省エネ法定期報告(平成28年度提出分)
に基づく事業者クラス分け評価の結果