「電動フォークリフト問題」の解決とは、省エネ法対策と同じで、法律を遵守することをいいます。

電動機で動く車両の取扱について、充電設備が動力なのか、

あるいは車両が動力なのかという問題です。

充電設備を電源設備と証明できれば、本問題は簡単に解決します。



平成21年 

経済産業省製品安全課からの回答メール


蓄電池とは充放電を繰り返して使用できる電池で、必要に応じて貯蔵した電力を装着する電気機器(負荷)に供給することができる二次電池を言います。



2009/11/27 18:08
経済産業省商務流通G製品安全課宛 確認メール

確認メール
確認メール

11月11日に山崎さまにお尋ねした事柄ですが
以下の内容で間違いないか、ご査収ください。

質問1) この法律の 「蓄電池」とはなんですか?
回答) 充放電を繰り返して使用できる電池で、必要に応じて貯蔵した電力を装着する電気機器(負荷)に供給することができる二次電池を言います。
具体的にはノート型パソコン、携帯電話、デジタルカメラ等の可搬型の装着にして、電源として用いる蓄電池をいいます。

質問2) なぜ「定義」に追加されたのですか?
回答) a)可搬型のため、一般用電気工作物に常時接続して使用するものではない
    b)さらに、発電機でもないことから、新たなカテゴリーとして追加しました。

 



2009/11/30 13:20
経済産業省商務流通G製品安全課回答メール

 

下記見解で基本的に相違ございません。
以下のページをご参照下さい。
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/topics.htm#lithium_ion_battery
また、御参考までに補足の資料を添付いたします。


1/2
1/2
2/2
2/2